女性からモテたいという理由で、筋トレを行っている人も多いのではないでしょうか。

筋肉質の体つきの男性が好きだという女性の方は多いですが、筋肉の中でも特に目立つ部位があります。

それは、胸筋です。

雑誌などを見ていても、上半身の服を脱いで見事に鍛え上げられた胸筋を見せているモデルの方が沢山いらっしゃいますよね。

分厚い胸筋を持っている人は、とても綺麗な体つきに見えます。

ただ筋肉をつけるだけではなく、胸筋を鍛えたい!

そんな希望を持った方の為に、今回は胸筋の鍛え方をご紹介していきます!

※胸筋を鍛える為に自重トレーニングを始めよう
胸筋は、胸板といわれる部分です。

普段の生活の中では足や腕の筋肉とは異なり、意識して胸筋を使う事はないのではないでしょうか。

なので、実際に胸筋を使う事は難しく感じてしまう人がいるかもしれません。

トレーニングジムに通って、必死に筋トレを行わないと胸筋は鍛えることができないのではないか・・

そんな風に不安に思っている人は、自重トレーニングという方法をご存知でしょうか?

自重トレーニングとは、自分の体重を使ってトレーニングを行うことです。

自重トレーニングの具体的な例として挙げられるのは、「腕立て伏せ」、「腹筋」、「スクワット」です。

これらのトレーニングは、スポーツジムに行かなくてもできますよね!

普段の生活の中で時間がある時に行うことができるので、手軽に始めることもできます。

胸筋を鍛える自重トレーニングの方法

では、胸筋を鍛える自重トレーニングの具体的な方法の1つをご紹介します。

それは、傾斜を利用した腕立て伏せです。

これは家の中に台やベンチがあればすぐにできる方法です。

足を台の上に載せて、足と地面が平行になる状態を作ります。

その状態で腕立て伏せを行うのです。

その際に注意すべき点としては、腕立て伏せをする時に腕を伸ばし切らないということです。

腕を伸ばし切ってしまうことで、筋肉の緊張状態がなくなってしまい、筋トレ効果が薄れてしまうといわれています。

この点に注意して、早速今から腕立て伏せから自重トレーニングを始めて、胸筋を鍛えてみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回胸筋を鍛える方法としてご紹介した自重トレーニングは台を利用した腕立て伏せでした。

実際には、他にも胸筋を鍛える自重トレーニング方法が幾つかあります。

具体的な例としては、次のような方法です。

・ボールを利用した腕立て伏せ
・ディップス
・ダンベルトレーニング

中にはダンベルなど器具が必要になるものもあるので、基本的には器具を必要としない腕立て伏せから初めてみて、他の鍛え方にもチャレンジしたいという方は上記の自重トレーニングも試してみてください。

胸筋は一日でつけれるものではないので、胸筋がつくには時間がかかります。

美しい胸筋を持った男性に一歩近づくためにも、今日から自重トレーニングである腕立て伏せ胸筋を鍛えていきましょう!